空洞毛穴とその対策法

空洞毛穴とその対策法

空洞毛穴とは、毛穴が広がってぽっかり穴が空いたような状態、文字通り毛穴が「空洞」になってしまう毛穴トラブルです。20代後半から30代に多い、毛穴が楕円形に広がるたるみ毛穴を放置しておくと、毛穴が広がり空洞毛穴へと変化してしまうのです。

10代の頃には多すぎるぐらいあった皮脂の量は、30代を過ぎると減少するため、たるみ毛穴は徐々に大きくなっていきます。そして、皮脂線が毛穴の入り口を引っ張ることにより、さらに大きくなり、毛穴の中は皮脂のない空洞状態になってしまうのです。

空洞毛穴の対策のポイント

空洞毛穴になってしまうと、毛穴が大きいため、お化粧で隠すというのはかなり難しくなってきます。そのため以下のようなポイントに注意して、空洞毛穴にならないよう予防することがとても重要です。

・洗顔のあとに化粧水や乳液などで、しっかりと保湿ケアを行うこと。
・コラーゲンやビタミンCを積極的に摂取し、お肌にハリを持たせるようにすること。
・規則正しい生活、質の良い睡眠をとること